親子で読む&子供に読んで欲しい性教育本・絵本 親子で読む&子供に読んで欲しい性教育本・絵本

親子でも性について話すのはちょっと抵抗が…そんな時には、絵本や本の力を借りてみるのはいかがでしょうか?
        編集部では、性教育の手助けになる絵本・本をピックアップしてみました!

       

親子で読めるおすすめ性教育絵本

  • 幼児期

    とにかくさけんでにげるんだ ― わるい人から身をまもる本

    ベティー・ボガホールド(作)安藤由紀(訳)河原まり子(絵)

    岩崎書店

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    子供を性被害から守りたい。カナダで副読本として教材にもなっている絵本

    「知らない人についておいでと言われたら?」「知ってる人だけど、身体を触られて嫌な感じがしたら?」子供が犯罪に巻き込まれやすいシーンから、被害に遭ってしまった場合の対処法まで、非常に具体的に描いている絵本。分かりやすい「悪い人」はいない、ぱっと見は分からない、色んな「悪い人」を教えてくれます。シリアスな描写もあるので、まずは大人が読んで、自分の子供にどうかを確かめてみるといいかも。
    カナダで教材として配布されていることもあり、「絶対に子供を守る」という著者の強い意志を感じます。一度、子供と真剣に話し合わなくては!と思わせてくれる本です。


    『とにかくさけんでにげるんだ─わるい人から身をまもる本』(Amazonリンクはコチラ)

    こんな人にオススメ:幼児期・保護者
  • 幼児期

    いいタッチわるいタッチ (だいじょうぶの絵本)

    安藤由紀(著)

    出版社:復刊ドットコム

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    いやなタッチにはノーと言っていい!絵本を通じて、子供自身が性的虐待に気づけるようになる

    かわいい動物の子供達と一緒にプライベートゾーンについて学べる絵本です。自分の身体を大切にすること、たとえお友達でも、いやなタッチをされた時には「いやだ」と言っていいことを教えてくれます。
    巻末には、性的虐待に遭わないためにはどうすればいいのか、また、性的虐待を受けた子供がどんなサインを出すのかなど、保護者向けの文章が載っています。幼児・子ども向けの絵本でありながら、家族みんなでしっかり知識を学べる内容です!

     
    『いいタッチわるいタッチ (だいじょうぶの絵本)』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:幼児期女子・幼児期男子・保護者
  • 幼児期

    わたしのはなし (おかあさんとみる性の本)

    山本 直英(監修), 和歌山 静子(作)

    出版社:童心社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    たったひとつの体と心を大切に!自分で自分の身を守る方法を学べる絵本

    「おかあさんとみる性の本」3冊シリーズのうちの1冊。主人公の女の子を通じて、「自分の体と心を守ること」を勉強できる絵本です。

    体の中でも特に大切な部分である「プライベートゾーン 」の知識を身につけて、もしも悪いことをしようとしてくる人に出会ってしまったらどうしたらいいのか、自然に学ぶことができるように描かれています。

    こちらの絵本の巻末にも、監修者山本直英さんからのメッセージがあります。子供を守りたい、という熱意を感じるあたたかい内容です。

    女の子が主人公の絵本ですが、もちろん男の子にだっておススメです!同シリーズの「ぼくのはなし」「ふたりのはなし」と一緒に読んでみてもいいですね。

     

    『わたしのはなし (おかあさんとみる性の本)』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:幼児期女子・幼児期男子・保護者
  • 幼児期

    ぼくのはなし (おかあさんとみる性の本)

    山本 直英(監修), 和歌山 静子(作)

    出版社:童心社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    ぼく(わたし)はどこから生まれたの?」という疑問を持つ子供たちへ、たっぷりの愛情をもって読んであげてほしい本

    あたたかいタッチの絵で描く「命」についての絵本。どうやって生命が誕生するのか、いかに自分が愛されて成長していくか、ということを、ストレートに教えてくれる内容です。「性」に対して純粋な幼児期の子供へ、性教育のファースト本として最適。

    そして、巻末には監修者山本直英さんからの熱いメッセージが。この絵本にかける強い想いに感動すること間違いなしです。大人も再度「命」について考えさせられる絵本です。

    この本は「おかあさんとみる性の本」というシリーズになっていますので、同シリーズの「わたしのはなし」「ふたりのはなし」もぜひチェックしてみて下さい。

     

    『ぼくのはなし (おかあさんとみる性の本)』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:幼児期女子・幼児期男子・保護者

児童期の子供とその保護者の方への性教育本

  • 児童期

    Photo Book 赤ちゃんが生まれる

    WILLこども知育研究所 (著), 北村 邦夫 (監修)

    金の星社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    受精から赤ちゃん誕生までを、大きく美しい写真で魅せるフォトブック

    精子と卵子が出会ってから、お腹の中で成長していく様子をダイナミックで神秘的な写真でみせてくれる本。「赤ちゃんって、どうやって産まれてくるの?」そんな子供の質問に、親子で読んで答えてあげられる一冊です。
    文字よりも写真がメインなので、小学生でもパラパラ眺めて赤ちゃんのお腹の中での様子をリアルに感じることができます。妊婦さんやこれからお兄ちゃん・お姉ちゃんになるお子さまにもオススメ。


    『Photo Book 赤ちゃんが生まれる (見たい聞きたい恥ずかしくない!性の本)』(Amazonページはコチラ)

    こんな人にオススメ:児童期男子・児童期女子・保護者
  • 児童期

    みい子セレクション きゅんきゅん女の子のないしょ話編

    おのえりこ (著)

    ちゃおコミックス

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    お母さん懐かしの!?大人気まんが「こっちむいて!みい子」から、女の子の悩みをテーマにした10作品をベストセレクト!

    「大人っぽくなりたい!」「生理になったらどうすればいい?」児童期女子の恋愛、友情、性の悩みが、この一冊にギュッとつめこまれています。
    その中には、父子家庭で「お父さんにブラが欲しいと言い出せない」と悩む女の子の話もあり、さまざまなシーンの「子供への伝え方」の参考になること間違いなし!
    思わずお母さんも「わかるわかる!」と、自分の小学校時代を思い出し、うなづいてしまう内容ばかりです。
    お子さん自身に読んでもらうのはもちろん、ぜひお子さんと一緒に読むことで、いつも以上に子供と気軽にガールズトークを楽しめるかも。
    (書店、ネット書店共に紙の書籍の在庫がない場合が多いため、現在気軽に手に入る方法はKindle等電子書籍となります。)


    『みい子セレクション きゅんきゅん女の子のないしょ話編 』(Amazonリンクはコチラ)
    こんな人にオススメ:児童期・保護者
  •  

    児童期

    あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ

    浅井春夫、安達倭雅子、北山ひと美、中野久恵、星野恵(編著)勝部真規子(絵)

    エイデル研究所

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    単なる絵本じゃない!家族みんなで「性と生」が学べる絵本

    こちらの本は、子ども向け、大人向けの二部構成になっています。初めは、親しみやすい絵と簡単な文章の、子どもに向けた「絵本編」。「からだ」や「こころ」、「いのち」について分かりやすく教えてくれます。その次は、「絵本編」のページ一つ一つを、さらに詳しく説明した、大人向けの「解説編」。保護者の視点に立って、子どもへの伝え方のポイントなどを伝えてくれます。この本一冊で家族みんなが勉強できちゃう、とてもスグレモノの絵本です。子どもの疑問に答えつつ、親もしっかり学びましょう!

     
    『あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ』(Amazonリンクはコチラ)
     

    こんな人にオススメ:(幼児期)・児童期・保護者
  •  

    児童期

    マンガ おれたちロケット少年

    手丸かのこ (マンガ), 金子由美子(監修)

    子どもの未来社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    保健室に置いてある学校も!児童期男子の「不安」をやさしく解説してくれる本

    「これって異常なの?皆はどうしてるの?」おちんちんの大きさ、形、洗い方から、異性への関心、妊娠や避妊など、大人の身体へと成長する過程で、不安になりやすいテーマをマンガで解説してくれます。お悩み相談のQ&Aも、とても具体的で必見です!
    何より、小学生の男子に「1人で悩まなくていいんだ!」と安心感を与えてくれます。まさに保健室の先生のような1冊!

     
    『知ってる? おちんちんのフシギ マンガ 『おれたちロケット少年(ボーイズ)』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:児童期男子・思春期男子・保護者
  •  

    児童期

    学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール

    旺文社(編集), 関 和之 (イラスト)

    旺文社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    主人公の男の子の失敗を疑似体験!スマホやネットゲームに興味を持ち始める小学生頃にオススメ

    今は小学生でもスマホを持つ時代。親世代以上に、子どもたちは、インターネットに対する「抵抗感」や「怖さ」はありません。この本では、主人公である小学生の男の子マナブくんが、友達とのメール・SNSでのコミュニケーション、ワンクリック詐欺など、色んなトラブルに巻き込まれながら、インターネットの怖さやマナーを学びます。とても身近な事例がカラー漫画で紹介されているので、子どもでもスラスラ読め、自分事として捉えられます。

    親も読むことで、インターネットとの付き合い方・家庭のルールを考えられる、ネットリテラシー教育にオススメの一冊。

     

    『学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:児童期男子・児童期女子・保護者
  • 児童期

    13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと

    やまがたてるえ

    かんき出版

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    大人の女性になるのが楽しみになる!これから思春期になる女の子へ、まずこの一冊

    可愛らしい絵と分かりやすい文章でほっこりする1冊です。生理が始まる頃の女の子を対象にして書かれているため、小学生のお子さんでも抵抗なく読みやすい本です。

    ストレッチや呼吸法、ツボ押し、アロマなど、女の子の身体を楽にしてくれる優しい方法がたくさん載っており、お母さんが読んでもとても勉強になります!

    さらに、著者やまがたてるえさんからの「自分の心と身体を大切に」というあたたかいメッセージに、ジーンと心が癒されます。

    「いきなり性の話をするのはちょっと抵抗が……」というお父さんお母さんも、まずはこの1冊を、お子さんにそっと渡してみてはいかがでしょうか?小学生低学年~13歳頃までの女の子にオススメ。

     

    『13歳までに伝えたい女の子の心と体のこと』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:児童期女子・思春期女子・保護者

思春期をむかえる子供たちへの性教育本

  •  

    思春期

    女の子、はじめます。: ココロとカラダの成長ログ

    北村邦夫(著・監)

    小学館

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    お年頃の女の子に、”思春期ドクター”が、親に代わって心と身体のABCを丁寧にレッスン!

    思春期の子供たちに長年向き合ってきた産婦人科医の北村邦夫先生が、心と身体の変化・成長に揺れ動く思春期の女の子の疑問・興味に寄り添ってくれる一冊。反抗期のイライラや、親や先生に相談しにくい性や恋愛の話を、子供でも読みやすい文章と可愛いイラストでレッスン。女の子だけでなく、男の子のカラダについて書かれているのもポイント。
    恋愛の話では、ステップを踏んだパートナーとの関わり方が書かれていて、親が言いにくい「セックス」についても、代わりに伝えてくれています。
    まずは親が一読して、子供の成長段階によって手渡してみては。小学生高学年から中学生にオススメ。
     
    『女の子、はじめます。: ココロとカラダの成長ログ (入門百科プラス』(Amazonページはコチラ))
     

    こんな人にオススメ:児童期女子・思春期女子
  •  

    思春期

    ジェームズ・ドーソンの下半身入門: まるごと男子! 読本

    ジェームズ ドーソン (著), James Dawson (原著), Spike Gerrell (原著), 藤堂 嘉章 (翻訳)

    太郎次郎社エディタス

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    男子って最高!世界中の10代男子へ向けた、とってもポップな性教育本

    「中身だけじゃなく外見も磨け!」「初デートは物足りないくらいで帰れ!」など、10代男子がこっそり知りたいあんな事こんな事がたくさん載っています。ポップなイラストと共に面白おかしく書かれていますが、パートナーを大切にする心や、生きるとはどういうことなのか、をしっかり教えてくれる本です。
    著者は、性教育や人間関係、いじめなどを専門に研究していたイギリス人元教師。「人生を楽しもうぜ!」という著者の前向きなメッセージをひしひしと感じる内容です。なんとなく親に聞きにくい悩みはこの本で解決できるかも!?

     
    『ジェームズ・ドーソンの下半身入門: まるごと男子! 読本』(Amazonページはコチラ)
     

    こんな人にオススメ:思春期男子・児童期男子
  •  

    思春期

    マンガでわかるオトコの子の「性 」

    染矢明日香(著), 村瀬幸浩(監修), みすこそ(イラスト)

    合同出版株式会社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    Amazon保健体育カテゴリー1位を獲得したことも!思春期の子供たちに知っていて欲しいテーマがたくさん

    マンガ形式でとても読みやすい本ですが、内容はとても重要で濃いものばかり。思春期男子のよくある悩みから、LGBTの方の話やネットトラブル、痴漢被害についてまで、非常に幅広いテーマが扱われています。

    タイトル通り、思春期男子のための本となっておりますが「自分と、大切な人のために」というコンセプトで描かれているため、女の子が読んでも勉強になることばかりです。この本で、まずは様々な「性」を知り、興味を持つことから始めてみませんか?

    現代を生きる思春期の子供たちに、ぜひ読んでもらいたい1冊です!

     

    『マンガでわかるオトコの子の「性 」』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:思春期男子・思春期女子・保護者

保護者におすすめの性教育本

  • 保護者

    メグさんの女の子・男の子からだBOOK

    メグ ヒックリング (著), キム・ラ フェイブ (イラスト), Meg Hickling, Kim La Fave (原著), 三輪 妙子 (翻訳)

    出版社:築地書館

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    日本の親に向けたQ&Aも必読!性教育で名高いメグさんによる、子供を守るための「性教育バイブル」

    「性被害にあわず、自分のことを大切に思い、責任感ある子供に育つ」ために、30年以上に渡り、カナダ・アメリカで子供向け「性の健康」ワークショップを続ける著書、メグ・ヒックリングさん。
    子供に対して、どのような話をどんな風に伝えると良いのか、優しいイラスト共に絵本形式で描かれています。子供にどう話していいかわからない、というお父さん・お母さんも、この本の内容のまま話をしてみればいかがでしょう。小学生くらいからは自分で読めるくらい易しい文章なので、子供に手渡してみるのも◎
    日本の親から寄せられた性教育への質問に、メグさん自ら答えてくれているQ&Aのコーナーが、実用的でとっても役に立ちます!

     

    『メグさんの女の子・男の子からだBOOK』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:児童期男子、児童期女子、保護者
  • 保護者

    0歳からはじまるオランダの性教育

    リヒテルズ直子(著)

    出版社:日本評論社

    • 親向け度   :
    • 子向け度   :
    • 読みやすい度 :
    • 笑って読める度:

    性にオープンな社会になるためにはどうすれば良いのか?オランダでの様々な取り組みを紹介

    オランダは性教育の先進国。0歳から年齢や発達に合わせた性教育が義務化されています。
    しかしほんの60年前までは、日本のように性に対して閉鎖的な国でした。オランダはどのようにして変わっていったのか?教育現場で実際に行われている取り組みを学べる本です。保護者の方、読書がわりの一冊として、ぜひ読んでみて!

     

    『0歳からはじまるオランダの性教育』(Amazonページはコチラ)

     

    こんな人にオススメ:保護者

編集部おすすめ