思春期

「男性の体になる」ってどういうこと?〜性のこと、マスターベーションのこと

思春期の子どもたちの心身に「男性ホルモン」が及ぼす主な変化とは?

思春期になると、脳下垂体の前葉というところから、性腺刺激ホルモンが分泌されます。その刺激を受けて、精巣から分泌されるテストステロンは、体の男性化および精子形成にのために必要な男性ホルモンのひとつ。その働きにより、下記のような体の変化が生まれます。

 

  • 精巣(睾丸)の増大・陰嚢の変色
  • 陰茎の長大化
  • 陰毛の発生
  • 精通の発生
  • 変声(声変わり)の発生
  • 腋毛、髭の発生、乳輪の面積が若干広くなり、乳頭とともに茶色や黒色に変色
  • 包皮の後退、陰嚢・包皮が黒みを帯びる
  • 肩幅が広くなる
  • 筋肉の発達
  • 顔面の変化
  • 体臭の発生

 

Q:思春期に子どもが情緒不安定になるのはなぜ? 

 

思春期の時期は性ホルモンの影響で、体だけでなく心にも、大きな変化が生まれます。自分の体の急激な変化にとまどうのと同時に、ホルモンバランスが乱れることで、精神的にも不安定になってしまうんですね。でもこれは、誰もが通る道。保護者はそんな子どもの状態をそっと見守り、必要なときには優しくサポートしてあげてくださいね。

 

成長、発達に合わせて注意すべきことは?

発達のスピードは一人ひとり違うので、他人と比べて焦ることはありません。でも、精巣が大きくならないと体は成長しませんし、その逆もしかり。生殖器の成長と体の成長は、ある程度リンクしていると考えて、子どもを観察してみてください。男子の場合、15歳までに、99.6%の人に二次性徴が起こる(あるいは第二発育急進期)と言われていますが、

 

  • ・13歳6か月で精巣の増大が認められない
  • ・精巣の増大がはじまってから5年以上経過しても、性成熟が完了しない

 

上記にあてはまる場合は、「思春期遅発症」という病気の可能性もありますので、医療機関をたずねてみるのも良いでしょう。

 

関連記事:「男性ホルモン」って??〜子どもも納得!意外と知らない男性ホルモンの秘密

 

男子の性機能についての説明は何歳くらいにするのがいい?

中学3年生になると、性感染症について学校で学ぶので、そのタイミングに合わせて伝えるのがいいかもしれません。ただし学校では、学習指導要領が10年に1度しか改定されない上に、生徒の実態に即していないため情報は古いまま。受精に至る段階は取り扱わないものとする、としてセックスを教えないのに、性感染症をコンドームで防ぐことは教えることになっており、学校での指導だけで「完璧!」とは、なかなか言えない現状があります。また先生から同じことを聞いても、子どもによって受け取り方が違うため、間違った認識が生まれてしまうことも。だからこそ、家庭での性教育が大事になってくるのですね。

 

セックスについて、どんな風にアプローチすると良い?

人間には、子孫を残すことを目的としない「ふれあいの性」もありますが、赤ちゃんができる可能性があることなので、「子ども」がすべきことではない、ということをきちんと伝えましょう。「絶対に、ダメ!」と、ただ否定するのではなく、「責任が伴うこと」だと、ぜひ教えてあげてほしいのです。いま自分の子どもが「何をどこまで理解しているかわからない…」という状態にならないため、セックスをすることで起こるリスク、性感染症の怖さなど、性教育の本やマンガを参考にしながら、子どもと一緒に勉強していくのも良いかもしれませんね。

 

Q:女子から積極的に迫られた場合はどうすればいい?

 

あとで後悔しないためにも、セックスすることでどんなリスク・責任が伴うのか、子ども同士で話し合わせることが大事です。「大好きだから、結婚するまでしない」も、「大好きだから、結婚するまではコンドームやピルを使ってしっかり避妊する」も、どちらも大事な責任のとり方。相手と気持ちや意志をきちんと共有し、責任ある行動をとれる大人になってほしいですね。

 

マスターベーションは必要なの?

精巣にたまった精液は、そのうち自然と体内へ吸収されます。たまっている精液は必ずしも、外に出す必要はありません。ただし思春期に身につけて欲しいこと、この年頃で一番大事なこととも言える「性的欲求のコントロール」を身につけるためにも、マスターベーションは欠かせない行為だと言えるでしょう。

 

Q:マスターベーションする際に気をつけることはある? 

 

方法として一番オススメなのは、指をリング状にして行なう古典的なやり方。マスターベーションは、何度してもOKでやりすぎたら死ぬ、などということもありません。ただし以下のような方法は、トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

  • ◆床などの固いモノにこすりつける(通称:床オナ)
  • ◆床オナをした結果、固いものの刺激がないと射精できなくなり、柔らかい女性の膣では射精できなくなる。足をピンと伸ばしてマスターベーションを行なうクセがつく(通称:足ピンオナ)※通常の性交時に、上手く体制をとれなくなる場合がある。
    どちらも、女性の膣刺激による射精が困難になるというリスクあり。男性不妊の原因の10%を占める「膣内射精障害」が引き起こされる可能性もありえるのです。
  • ◆温めたこんにゃくや、ぬるめのお湯で戻したカップラーメンを使用不衛生で雑菌が繁殖しやすいため、尿道炎などのトラブルのもとになります。

 

 

イラスト:IGA DESIGN

高橋先生の一言アドバイス

最近では、「オナニー」や「マスターベーション」という言葉に代わって、「セルフプレジャー(自分で自分を楽しませるという意味)」という言葉が使われるようになってきました。また、シングルセックス、ソロセックスといった、「まずは1人で楽しめるようになることが大事」という思想も広がりつつあります。 “自分で自分を幸せにできるからこそ、相手も幸せにすることができる”。自慰という行為をタブー視するのでなく、性的欲求をコントロールするひとつの方法として大事なことなんだと、前向きにとらえてあげてくださいね。

高橋 幸子

埼玉医科大学 医療人育成支援センター ・地域医学推進センター/産婦人科

山形大学医学部卒業。埼玉医科大学総合医療センター研修医、埼玉医科大学病院産婦人科助教、埼玉医科大学地域医学医療センター助教を経て、現職。年間80回以上、全国の小学校・中学校・高等学校にて性教育の講演を行っている。教育雑誌、TVなど、性教育テーマでのメディア掲載・出演実績多数。

活動:

日本家族計画協会クリニック非常勤医師
彩の国思春期研究会西部支部会長

435

編集部おすすめ