SNSでの被害急増。「出会い系」から子供を守るにはどうすればいい?


出会い系サイトにマッチングアプリ、SNS…さまざまな「出会い」のきっかけが転がっているインターネットの世界。良い出会いもある一方、危険もたくさんあります。特に女の子がいるご家庭では、お子さんが事件やトラブルに巻き込まれないか、心配ですよね。
今回は、未成年を取り巻くインターネットの「出会い系」の現状と、どうすれば子供を守ることができるのか、まとめました。

「出会い系」はコミュニティサイトが主流

インターネットでの「出会い」の場は、旧来の「出会い系サイト」から、SNSやマッチングアプリといったの「コミュニティサイト」に変わりつつあります。いずれも、ツイッターやLINEをはじめ、チャット系の学生限定アプリ「ひま部」など、中高生にとって身近なサービスです。

警視庁によると、2012年以降、コミュニティサイトにおける未成年の被害は増え続け、2017年の被害児童数は最多の1736人。うち半数以上は15歳で、被害児童の低年齢化が目立ちます。


参考:平成29年上半期におけるコミュニティサイト等に起因する事犯の現状と対策 より|警視庁

「出会い系」で実際あった中高生の被害事例

コミュニティサイトにおける被害内容のトップは、淫行などの「青少年保護規制条例違反」。そして近年、「児童買春」や「児童ポルノ」の性被害に遭うケースが急増しています。代表的な被害事例をみてみましょう。


ケース1:児童買春の被害
女子中高生が年齢を偽り、インターネットで知り合った成人男性と売春目的で会うケース。現金のやり取りを経て未成年と性行為を行うと、成人男性は児童買春容疑で逮捕されます。また、稀に男子中学生が被害に遭う場合もあります。


ケース2:児童ポルノの被害
インターネットでやり取りをしていた相手の要求がエスカレートし、言われるがままに裸の画像を送ってしまうケース。その後、脅迫などの二次被害に遭うことも多くあります。


なぜ、子供達は「出会い系」を利用するのか

産まれた時から身近にインターネットがあった現代の子供たちにとっては、親世代と比べて、SNSやマッチングアプリで出会った人と実際に会うことに抵抗感を持ちにくいのかもしれません。

その上で、警視庁の報告によると、コミュニティサイトで被害に遭った児童が被疑者と遭った理由のトップは、「金品目的」。援助交際を目的に出会い系を利用する中高生が多い実態が伺えます。

参考:「平成29年上半期におけるコミュニティサイト等に起因する事犯の現状と対策」より|警視庁

子供を守るために、親ができる対策は?

出会い系による被害から子供を守るために、親は何ができるのでしょうか。具体的な対策例をご紹介します。


服装に持ち物…子供の異変を見逃さない
子供が傷つくのを見逃さないために、普段と違う様子に気を配ることが大切です。
・服装、持ち物が急に変わった
・帰宅時間が遅くなった
・携帯料金が高くなった
・浮かない顔をしている

など、子供に異変が見られたら、早い段階で本人にさりげなく様子を聞けるといいでしょう。


フィルタリング機能を設定する
有害なサイトへのアクセスを制限するフィルタリング機能も対策のひとつです。
スマホの場合、一番簡単な方法は、フィルタリング専用のアプリを使うことです。携帯会社が推奨しているフィルタリング用のアプリをインストールすれば、すぐにフィルタリングをすることができます。


家庭内のルールを作る
インターネットの危険性を伝えた上で、家庭内のルールを一緒に作るのも良いでしょう。
・ネットで知り合った人に会わない
・門限を決める
など、親子で話し合ってルールを決めることができるといいですね。親子で「インターネットリテラシー」「SNSリテラシー」を高めましょう。


普段から親子間でしっかり会話する
未成年の売春などの非行の背景には、本人の規範意識の低下や、周囲とのコミュニケーション不足があるといわれます。普段の家族の会話の中で、自分の身体を大切にすることや、嫌なことははっきりNOと言う重要性を伝えていきましょう。

関連記事:子供のスマホの検索履歴にアダルトサイトが!その時、親はどうすべき?

335

編集部おすすめ