幼児期

幼児期は体に興味津々!子供の「なんで?」や性器いじり、どう対応する?

喜ばしいことである反面、我が子が性に関する質問をしてきたり、性器を触っていたりするなどの場面に直面して戸惑ったり、悩むことがあるというお母さん達も多い、この時期。子供から投げかけられた疑問だったり、問題とも思えてしまう行動に、どのように向き合っていけば良いのでしょうか?

幼児期の性に関する疑問、興味/おちんちん、おまた、赤ちゃんのこと

好奇心旺盛である幼児は、性別によって性器の形が違うことや、おしっこの仕方が違うことなど、さまざまなところから「性の違い」に気付き、疑問と興味を持ちます。また、お母さんや周りの大人の妊娠や出産などの経験を通して、「命の誕生」に関する疑問や興味を持ちます。

成長すれば当然のことであり、わざわざ口に出さなくてもわかるようなことでも、小さな子供にとっては、疑問はたくさん、興味は津々。

性に関することは、「何となく話しにくい」と感じたり、「パパとママが男性と女性である」ということを感じさせるのは恥ずかしい人もいるでしょう。
でも、パパとママは、子どもにとって身近な、男性と女性。

 

以下を参考に、お父さん、お母さんの言葉で少しずつ、話をしてみてください。

 
 愛し合い、命を授かったこと。

 お腹に宿った命を愛おしみ、大切に守ってきたこと。

 赤ちゃんはママと一緒に、頑張ってこの世に誕生してきたのだということ。

 赤ちゃんはママの体のどこから生まれてくるのかということ。

 男の子はお父さんになるために必要な体をしていること。

 女の子はお母さんになるために必要な体をしていること。

参考記事: 難しく考えないで!幼児期の子供と「妊娠・出産」の話をしよう

 

幼児期の性器いじりや幼児自慰、「叱る」のではなく「受けとめて」

子供が性器をいじったり、性行為に似たような行動をしているのを見たときにも、やはり戸惑いや受け入れがたいような複雑な気持ちになるという方が多いのではないでしょうか。

幼児期でも性別を問わず、自慰(マスターベーション)をすることは珍しいことではありません。それは第二次性徴期(思春期)以降の性行動とは異なり、「幼児自慰」と呼ばれます。もちろん大人同士の性行為とも異なります。

性器に触れ、程よい圧迫感や刺激を偶然体験し、心地よさや安心感を得ているのです。また、寂しさや不安な気持ちを落ち着かせるためにする行為であるともいわれています。

「性はいやらしいこと、恥ずかしいこと」というような気持ちから、子供の性に関する行動を叱ったり、制止することはしないでください。「大事なところだからみんなに見せたり、触ったりしないでね」と、優しく諭してあげてください。

また、他に熱中できるものをみつけてあげる/安心感を与えてあげるようにしてください。

お風呂に入りながらおもちゃや歌などで遊んだり、寝る前に一緒に布団の中で本を読んであげたり。忙しくてもできるコミュニケーションを大切にしましょう。

どうしても時間がないときは、ぎゅっと抱きしめて「好き好き」と言ってあげる。それだけでも子供は安心し、落ち着きます。

幼児期の子供が最も必要としていることは、身近な人たち、お父さん、お母さんからの温かくて柔らかな優しさや愛情を感じることなのです。

 

幼児期からの性教育って、早すぎない?必要なの?

性教育は、愛と、命と、そして自分を守るための教育です。幼児期から成長に応じた、適切な性に関する知識を持たせてあげること。それは子供の健全で幸せな成長のために、とても大切なことです。

思春期での性交渉による精神的な不安や苦痛、望まない妊娠、性感染症、児童ポルノ、売春など、未成年でも性に関することが原因のトラブルや犯罪、病気などに巻き込まれるというリスクを負う可能性は、誰にでもあります。

やがて親である自分は、子供の手を離し、目を離さなければならない時がやってきます。そうなれば、子供自らが考え、決断をすることが求められます。正しい判断力を身につけていくことは、子供にとって、とても大切です。その判断力は、健全な心と体と知恵の成長によって培われるもの。

自分の身をちゃんと自分で守れるように。相手をちゃんと思いやり、愛することができるように。難しく考えず、お母さん、お父さんの言葉で伝えてあげてください。時には絵本などの力を借りて伝えてあげるのも効果的です。

肩の力を抜いて。ゆっくり、少しずつ伝えていきましょう。

 

助産師なおみ先生の一言アドバイス

幼児期の子供向けに、「プライベートゾーン」をテーマにした絵本は意外とたくさん出ています。話すことに抵抗のあるお父さんお母さんは、ぜひ活用してみましょう。

また、日常生活の中でプライベートゾーンについて話すには、お風呂タイムがオススメ。

リラックスした雰囲気で「家族には見せてもいいけど、それ以外の人にみせちゃいけないところはどーこだ?」のように楽しくお話してみてください。

お風呂はパパママの裸を自然に見せることが出来ますし、「ここは大切な部分だよ」と視覚的に教えることができますよ。

池田 匠美先生

日本赤十字看護大学、助産師課程卒業。

成田赤十字病院、育良クリニックを経て、自由が丘 に「Ma+By’s みひかるサロン&助産院」を開業。

新生児から幼児までのお子さんや妊婦さん・ママに向けて、赤ちゃんとママが笑顔になれる講座を多数行っている。

助産師・看護師・保健師/日本ベビーサイン協会認定講師(生徒数全国NO.1)

7006

編集部おすすめ