幼児期

家族でお産を乗り越える!きょうだいの「立ち会い出産」

 

きょうだいの立ち会い出産、させる?させない?

第二子以降の出産時、上の子を立ち会いさせるかどうかは、多くのママが気になることのひとつ。弟や妹が生まれる瞬間に立ち会うということは、上の子にしか出来ない大変貴重な経験です。

一方で、特にまだ上の子が幼児期の場合、立ち会い出産させることには疑問や心配も多くあることでしょう。

ここでは、幼児期の子供の立ち会い出産について、どう考えるべきか、ご紹介します。

きょうだいの立ち会い出産については、賛否両論があります。「下の子が生まれてくる瞬間を見せてあげたい」「命について学ばせる機会を作りたい」「家族で協力してお産を乗り切りたい」など、立ち会い出産を希望する家庭がある一方で、「ママが苦しんでいる姿を見せたくない」「うまれたての赤ちゃんは生々しく、怖がらせたくない」など、立ち会い出産を希望しない家庭もあります。

もちろん、どちらが正しいということや、何歳からなら立ち会わすことができるということは、ありません。ぜひご家族でどうしたいか話し合ってみてください。

迷った場合は医師や助産師に意見を求めてみるのもよいでしょう。病院によっては、子供の立ち会いや面会を禁止しているところもありますので、立ち会わせたい場合は事前にチェックをしてみて。

 

上の子が赤ちゃんを受け入れているかどうか?の見極めが重要

立ち会い出産を成功させたい場合は、上の子が、赤ちゃんの存在を受け入れているかどうか、をきちんと見極めることが大切です。

初めて弟や妹ができる場合、「ママを、赤ちゃんに取られてしまうのではないか」と、小さな胸の内は不安や寂しさでいっぱいになることも。まだ赤ちゃんを受け入れることができていない子は、立ち会うことを嫌がるかもしれません。

その場合は、まず上の子の不安を取り除いてあげましょう。日頃からお腹を触らせて「お兄ちゃん(お姉ちゃん)が触ってくれて赤ちゃん喜んでいるよ」「早く会いたいね」と声をかけてあげて。また、「赤ちゃんが生まれても、あなたのことが変わらず大好きだよ」と、たくさん伝えてあげて。

上の子は、自分の気持ちが満たされて初めて、下の子の存在を受け入れられるようになります。「赤ちゃんが生まれてくるのが楽しみ!」という心持ちになれば、立ち会ってみたいという気持ちが、芽生えるかもしれません。

 

立ち会い出産をするかどうかは、子供自身に決めてもらう

お父さんお母さんが考慮すべきは、上の子の気持ちを一番に考え、立ち会い出産にこだわりすぎないこと。立ち会わせたい場合、「怖くなったら、お外で待っていてもいいからね」と、選択肢を与えてあげましょう。また、嫌がる場合は無理強いしてはいけません。

また、パパやおばあちゃんなど、上の子を面倒を見ることができる方と一緒に立ち会うのが原則です。

なかには出産の途中で、お母さんのいつもと違う様子や苦しそうな声、その場のあわただしい雰囲気にびっくりして、泣き出してしまう子も。そのような場合は、すぐに外に連れ出してあげましょう。お母さんも、上の子が気になってお産に集中できず、結果として分娩が長引いてしまう場合もあります。

また、お産の進行中に予期しない危険なことが起きた場合は、すみやかに医師の指示に従いましょう。

 

最後に「お産の振り返り」を

無事に赤ちゃんが生まれたら、お母さんの体調を見ながら、ぜひ上の子と一緒にお産の振り返りをしてみてください。「バースレビュー」ともいわれ、お産にかかわった医師や助産師と良かったところを話し合い、「あのときもっと頑張れたのではないか」というネガティブなイメージを取り除いて、お母さん自身がお産に自信を持ち、今後の育児に前向きに取り組んでいけるようにすることを目的としています。

お産の振り返りは、ご本人にも旦那さんにも、さらに立ち会った上の子に対しても効果的。「あなたがいてくれたからママ頑張れたよ」「応援してくれてありがとう」など、たくさん褒めてあげましょう。

たとえ最後まで立ち会えなかった場合でも、必ず「頑張ってくれてありがとう」と言ってあげてください。出産に立ち会い「ママの役に立つことが出来た!」という成功体験につなげてあげれば、赤ちゃんに対する接し方も優しいものになるでしょう。

イラスト:IGA DESIGN

助産師なおみ先生の一言アドバイス

幼児期の子どもは、意外にも、リアルな出産シーンを目の当たりにしても怖がったりせず、大人よりずっと素直に、ポジティブなものとして捉えてくれることが多いです。

実際に胎盤を見ても、びっくりするどころか「これ、赤ちゃんのベッドだ!」と目を輝かせた子もいるほど。

あとで「どうだった?」と感想を聞いてみると、思いがけない言葉で表現してくれるかも知れませんね。

池田 匠美先生

日本赤十字看護大学、助産師課程卒業。

成田赤十字病院、育良クリニックを経て、自由が丘 に「Ma+By’s みひかるサロン&助産院」を開業。

新生児から幼児までのお子さんや妊婦さん・ママに向けて、赤ちゃんとママが笑顔になれる講座を多数行っている。

助産師・看護師・保健師/日本ベビーサイン協会認定講師(生徒数全国NO.1)

1083

編集部おすすめ