幼児期

子供に教えておきたい身体の大切な場所「プライベートゾーン」/意味・イラスト解説

 

「プライベートゾーン」って何?どういう意味なの?

プライベートゾーンとはアメリカで生まれた言葉で、「他人に見せても触らせてもいけない、性に関係のある、自分の身体の大切な場所」と規定されています。幼児期の子供に伝えるときは、「水着を着たときに隠れる場所+口」と、教えてあげるとわかりやすいでしょう。

※ 上のイラストの水着の部分(黄色)と口は、男性・女性のそれぞれのプライベートゾーン です

小さな子供を狙った性犯罪が急増している今、幼児の頃からプライベートゾーンについてしっかり認識させることが、性犯罪から子供を守ることにつながります。

具体的にいつから教えるのか、決まっているものではありません。
保育園や幼稚園で、教わってくるケースもあると思いますが、まずはお父さんお母さんが、プライベートゾーンについて正しく勉強してください。

お子さんが、「どうして、○○くん(異性のお友達)の水着の形は違うの?」「どうして、パパとママは違う身体をしているの?」など、興味を持ったときが、絶好のタイミング。

以下を参考に、プライベートゾーンについて、話をしてみてください。

 

子供に教えたい「プライベートゾーン」3つのポイント

では、具体的に何を教えればいいのでしょうか。伝え方は様々ですが、主に気づかせるべきは、以下の3点です。

 

  1. 自分の身体は大切なものである。
  2. なかでもプライベートゾーンは、人に見せたり触らせたりしてはいけない。
  3. 他の人のプライベートゾーンを見たり触ったりしてはいけない。

 

幼児期の子供は、お友達やきょうだい間で、おちんちんやおまたの見せあいっこや触りあいっこなどをすることがあります。

それはまだプライベートゾーンの観念がないから。単純に面白いから、安心するから、自分にはない身体の構造に興味があるから、など理由は様々です。

 

関連記事:幼児期は体に興味津々 子供の「なんで?」にどう答えますか?

 

もし、お子さんがこのような行動を取っていたら、「そこは大切な場所だから、おうちの中ではいいけど、お外では出さないようにしようね」「大切な場所が見えてて、ママ照れちゃうよ~!」などと言ってみましょう。

「いやらしい」「汚い」などという表現は避け、「その場所はほかの身体の部分と違う大切なところ」という言い方で気づかせてあげてください。

 

プライベートゾーンを知って、小さな頃から「自分の身体は自分で守る」

この3つのポイントを理解すれば、万が一、家族以外の大人で、子供のプライベートゾーンを見たり触ろうとしたりする人や、自分のプライベートゾーンを見せたり触らせたりしてくる人がいた時に「おかしいな」と気づくことができます。この気づきが、結果、不審者から自分の身を守ることにつながります。

プライベートゾーンについて話をするときには、このようなことをしてくる人に会ったら、「やめて」ときっぱり言う、すぐにその場から立ち去る、近くにいる大人に助けを求めることも合わせて伝えましょう。

 

プライベートゾーンに関する絵本

幼児の頃の子供に、プライベートゾーンを上手く教える自信がない人は、「絵本」を活用することもオススメ。下記は命育サイト内でも紹介している絵本です。
 

「いいタッチわるいタッチ」

「わたしのはなし」

とにかくさけんでにげるんだ
 

その他、性教育に役立つ絵本・本をコチラでも紹介していますので、ぜひチェックを!
親子で読める性教育絵本 コーナーへ

まとめ

プライベートゾーンについて正しい認識を持った子供は、自分の身体も他人の身体も、大切なものであると知っています。

そのような子供はいずれ思春期になったとき、安易な、もしくは自傷的な意味合いで性行為に走ることはありません。さらに、恋人ができたとき、相手の気持ちを尊重しない、無理やりな性行為を行うこともありません。

一見、性と無関係でありそうな幼児期ですが、児童期、思春期へと成長していく中で、正しく性と関わるための土台となる大切な時期であることを忘れないようにしましょう。

イラスト:IGA DESIGN

助産師なおみ先生の一言アドバイス

幼児期の子供向けに、プライベートゾーンをテーマにした絵本は意外とたくさん出ています。話すことに抵抗のあるお父さんお母さんは、ぜひ活用してみましょう。

また、日常生活の中でプライベートゾーンについて話すには、お風呂タイムがオススメ。

リラックスした雰囲気で「家族には見せてもいいけど、それ以外の人にみせちゃいけないところはどーこだ?」のように楽しくお話してみてください。

お風呂はパパママの裸を自然に見せることが出来ますし、「ここは大切な部分だよ」と視覚的に教えることができますよ。

池田 匠美先生

日本赤十字看護大学、助産師課程卒業。

成田赤十字病院、育良クリニックを経て、自由が丘 に「Ma+By’s みひかるサロン&助産院」を開業。

新生児から幼児までのお子さんや妊婦さん・ママに向けて、赤ちゃんとママが笑顔になれる講座を多数行っている。

助産師・看護師・保健師/日本ベビーサイン協会認定講師(生徒数全国NO.1)

9378

編集部おすすめ